B.S.TIMESに掲載されました!

昨年、元プロレスラーの小橋健太さんに取材していただき、大喜びで12/8のブログにも掲載しました。

その取材記事を掲載した「B.S.TIMES」32号が発刊されましたので、そのご報告です。

取材当日は2時間ぐらい話しましたので、「あの長い内容がどのようにまとめられるのかな?」と興味津々だったのですが、さすがプロのライターさんの技術、筆力というのはすごいですね。

私は「書く」仕事を増やしていきたいと思っていますので、そういう意味でもよい体験、勉強になりました。

ちなみに、この記事の最後に書いてある「人生哲学」ですが、カウンセリングの大家である國分康孝先生に感化されたものです。

國分先生は、カウンセラーに必要なものとして「人生哲学」をあげてらっしゃいます。

理論などの知識やカウンセリングの技術は当然必要なものですが、それだけでは対応できない場面がある。

クライアントから相談された時に、ただ傾聴するだけではなく、答えてあげなければならない場面が出てくる。

その時には、一般論や理論ではなく、「カウンセラー自身が、自分なりの生きてきた人生から考えたこと」が力のある言葉となる。

それを「人生哲学」として持っておきましょう、ということだと理解しております。

ただ今の私には、人に伝えられるほどの哲学といえるものが、残念ながらありません;

「70歳ぐらいになった時には、あるといいな!」という意味でございます。