「プロボノ」活動について

「プロボノ」という活動をご存じでしょうか。

アメリカの医療ドラマや弁護士ドラマを見ていると時々出てきます。

経済的な余裕がない方に、無償で医療行為や裁判の弁護を行う社会貢献として描かれていて、「特別な資格や技術をもった人が行うもの」という認識でおりました。

ところがある日、日本でのプロボノ活動を推進している「NPO法人 サービスグラント」の存在を知ります。

ここに登録してプロジェクトに加わることができれば、特別な資格など関係なく自分の持っているスキルを活かして社会貢献ができる、というのです。

具体的には、社会的な活動を行っているNPOや地域団体が抱える課題の解決のため、チームを組んで支援活動に携わることができます。

私はこの8月から活動をスタートしました。

試行錯誤をしながら、メンバーと協働して調査、ミーティングを重ねることで、自分自身も学び多く刺激を受けています。

ここでの活動は、私の今後のキャリアにも大きく影響していくだろうと思います。

活動内容、特に支援先の情報については守秘義務がありますが、このブログで、可能な範囲でご報告していきたいと思っています。

ちなみにプロボノとは、【社会的・公共的な目的のために、職業上のスキルや専門知識を活かしたボランティア活動】を意味するそうです。

プロボノ活動に興味のある方はこちらをご参照ください! ⇒ 認定NPO法人サービスグラントHP https://www.servicegrant.or.jp/